2008年10月22日

不動産彼女と悪口大会の巻。

今日は不動産彼女と夕食を食べての帰宅途中、

共通の知人の話になりました。

知人と言っても話した事もほとんどないのですが、

飲み屋つながりで

何となく皆知っていると言う感じの知人です。

その人推定55歳の男性ミュージシャンなのですが、

ヘビメタでもないのに何故か長髪で、

それもドレッドに近いソバージュ?

町を自転車で疾走している姿を時折見るのですが、

遠めにもそのヘアーのせいで

「あっ!あの人だ!」

と嫌でもわかってしまうくらい

他に類を見ないアンビリーバボで

ワカメチックなヘアーの持ち主。

なぜ?あのヘアーなのか・・・。

数十年以上あのヘアーにこだわる理由が・・・。

何か悲しい思い出が・・・。

まさか!カツラ・・・!!!

そんな話から、今度は

「でも、あの髪だから、あの人とわかるけど

あの貧相な顔じゃー、髪切ったら誰かわからんねー」

と、本人には思い入れがきっとあるに違いないのに

そんなこだわりを、知らないから言える

思いやりのない悪口へと話はどんどんエスカレートし、

ついには、

「5分刈りにしたら、ほんとに誰かわからないよね」

「七三でネクタイしてたら普通のおっさんだよね」

「あの髪に絡まったら、死ぬまでほどけないね、

最期だね」

と、想像力の翼を全開にして

勝手な事を言ってゲラゲラ笑いものにしてしまいました。

でも確かに想像したら笑えるほど、

長髪とのバランスが微妙なんです。

「虫みたいだよね」

とまで言ってました。

ごめんなさーい。
ラベル:不動産 悪口
posted by ヒモタク at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。